初期化


  • MQTT設定ブロック

MQTT設定ブロックを追加し、Setupブロックに接続します。

MQTT_Start1

  • 情報の記入

接続に備えて、個人用またはサードパーティプラットフォームのサーバ情報を記入してください。

注意

  • 複数のデバイス間で通信する際、ID名(下の図では"M5stack")を重複させることはできません。

  • MQTTプログラムを使用する場合にはダウンロードする必要があります!

MQTT_Start2

  • MQTT Start

MQTT設定ブロックの下にStartブロックを追加します。サーバの構成情報が正しければ、MQTTの実行が開始される事を意味します。

MQTT_Start3

results matching ""

    No results matching ""

    results matching ""

      No results matching ""